VRの可能性!色々な分野への応用!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

VRって何?どこで体験できるの?

VRとは仮想現実と呼ばれ、ヘッドマウンドディスプレイを頭に装着することで、あたかも違う場所や世界にいるかのような体験ができる技術です。VRは、3D描写やサウンドをプログラミングすることで開発されています。
VRで体験できるものとしてはゲーム、音楽ライブ、映画など幅広いです。これらを体験するための機械やアプリは多くの会社から販売されていますし、全国各地でも体験イベントが開催されています。そのため、体験できる機会はたくさんありますし、今後増えていくことが期待されています。
VRは3Dテレビと大きく異なります。奥行きのある世界が表示されているという点では同じですが、3Dテレビでは視聴者がテレビから視線をそらすと画面が見えなくなります。しかしVRでは違う方向を向いても360度仮想現実が映し出されています。そのため、没入感が大きく高まります。

VRはどんな場面で活用されるの?

VRは色々な場面に活用できると言われています。
まず、フィットネス業界です。ジムに置いてあるようなランニングマシーンは、走った距離が表示されることでモチベーションが高められます。それにVRを取り入れて、あたかも本当に色々な街を走っているかのような体験が可能になれば、さらにランニングを楽しむことができます。
次に、医療です。手術のシミュレーションにVRが活用されることで、医療の質の向上が期待されます。また、VRと医療精密機械が組み合わされることで、遠隔地での手術も可能になると言われることがあります。そして、高所恐怖症や閉所恐怖症などの治療にも適応ができるとされています。VRを用いて、患者が怖いと感じている状況を再現することができるため治療の効果が高まると言われています。
また不動産業界では、VRを取り入れることで実際に部屋にいるかのような体験ができますので、部屋を借りた後の生活がイメージしやすくなります。